2011年10月7日

日常的なこと

和歌山にも秋の風が吹き始めています。


久しぶりにシグマDP1で撮影


現実的にはシャッターを押すくらいにしか

主だった操作が出来ないこのカメラは、やはり面白い

何故ならば

撮影者と被写体の間にカメラという存在を意識させないから


写真がすごくピュア


そして

とりたてて言葉にする程のメッセージがないであろう

こういう写真にもきちんと価値が感じられるような気がする。

やはり

心ゼロの写真作品「REHABILITATION」のシビアな感覚が

私の王道なのかなと、思惟にふける初秋です。




日常といえば。。。



秋は実りの季節といいましょうか

スタジオ撮影や写真関連諸々の仕事が忙しいので

今日は2週間ぶりのお休みとなりました。

それでも事務仕事をしていると撮影の予約やお問い合わせなど

数件のお電話をいただきました。

明日からの3連休も七五三やお宮参りに晴着と記念撮影など

撮影の仕事で予約がほぼ満杯です。

これも、後々に宝物になる写真の価値を

大切にしてくれるお客様のおかげなので

ありがたいことだと感謝をしながら

明日もお写真を撮らせていただこうと思います。

0 件のコメント: