2012年4月9日

NHK和歌山放送局にて展示会を開催


本日13時より、NHK和歌山放送局1Fの「ギャラリーわかまる」にて私が塾長をしている西山武志写真塾の写真集展が開催します。

それに合わせて今朝から塾生と一緒に展示作品の搬入と設営作業をしました。



作品はそれぞれのテーマをもとに1年かけて制作を進めてきたオリジナル写真集と壁面展示作品になります。昨年の展示会で好評だった前作の写真集も合わせて展示します。

入場無料ですので、どうぞお気軽にご来場くださいませ。

また、本日の夜(8時45分~)にNHKニュース(和歌山県域)で展示会の様子をご紹介をいただける予定です。

詳しくはこちらから↓

西山武志写真塾のホームページ
NHK和歌山放送局(イベント情報)

3 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

突然ですが!何時も楽しく読ませて頂いています。willerと申します。私は前からエンストは、クラッチの関係だと思っていました。Nに入れてもエンスト、1速に入れた途端エンスト。クラッチを握ってニュートラルなのに、セルで前に進む?なので正直不安でした。「停車後にはニュートラルに入らない」てな事は当たり前で悩んでいましたが、昨日突然改善されました。クラッチが近い事に気付き、クラッチレバーに有る調整のネジをゴムをずらし見ました。すると振動で緩んでいたのか?緩んでいました!自分なりに調整すると、ニュートラルに入るようになりました!停車後「コン」でニュートラルに入ります。クラッチレバー2分の1で駆動するのを、5分の3から4に調整しただけです。バイクのコンディション的な所も御座いますが、ニュートラルの入りが悪いマシンにはお試し下さい。

匿名 さんのコメント...

因みに、クラッチが遠く成った事で、乗りにくく成る恐れも御座いますので、調整は個人の自由とさせて頂きます!安全第一をお願いします。

西山武志 さんのコメント...

Willerさま
いつもご覧頂きありがとうございます。

クラッチが繋がっている感じはあるような気がしますね。私の場合でも1速に入れた直後はたまにエンストすることがありました(Nのエンストやセルで前に進むことはありませんでした)。そして、1速に入れた場合のエンストは走行距離が増してからは何故か消滅です。。。
クラッチレバーも張り気味にしたり緩くしたり、いくつか試してみましたが、現在はマニュアルにあるように少し張り気味で落ち着いています。

ちなみに、過労のせいか肋骨を疲労骨折(バイクとは無関係)してしまい、少しの間はメガリに乗れそうにありませんので、愛でて楽しもうと思います。。。