2012年7月21日

高野山でフォトレッスン

 私はiPhoneで撮影指導。。。時代は変わったものです。

先日、高野山にてフォトレッスンをいたしました。

今回はメガリ関係の記事にてコメントを頂戴しておりますyudayさんからのご依頼となります。ちなみにyudayさんは私と同じようにメガリ250rというバイクに乗られている方でして、お写真にも興味があるとのことで個人指導をお願いされました。

実際にお会いしましたら大変お若い方で、しかもメガリが初めて所有する本格的なオートバイとのこと。さっそく二人で自己紹介やメガリ話を楽しみながら打ち合わせをいたしまして、私もメガリ250rを持ち出し2台揃って7月の日差しを避けるように高野山へ出発!

そういえばメガリ同士で走るのは初めてだったのでとても新鮮。しかも仕事です(笑)

。。。少し涼しく感じる高野山へ到着してから、根本大塔を拠点にレッスンを開始。yudayさんはリコーのコンデジを使われているので、その特性やスキルを測りつつ、カメラを用いて表現することの基本と技術を小一時間ほど指南させていただきました。

じつのところ写真を見れば、その人の物事に対する捉え方がよくわかります。若さからでる柔軟な理解力と想像力、偏った考えにも固執せずに素直に被写体の存在感を吸収しようとする心構えも見え隠れしておりました。かといって、やんちゃな個性もしっかりあるので指導していても笑えるような一面もありました。

 建物に反射する被写体を色んな角度で撮影するyudayさん。

写真というのは撮りたいものが「見えた」と思っても、しばらくするとまた見えなくなったりする大変奥が深い芸術です。

でも、チャレンジングなyudayさんだから、こうやって感性を磨きながらいろんな経験を重ねる事によって将来得られるものは大きなものになると思います。

そして、集中しているとあっという間にフォトレッスンが終了。

でも。

せっかく高野山まで来たのだから和歌山名物の高野龍神スカイラインへ一緒に走りに行きました。夕方に差しかかる頃合いとはいえ、スカイラインにタイヤを踏み入れると不思議なまでに気温が下がります。上下革の正装をしている私は蒸し暑くてフラフラでしたが、ここにくると夏であるのに涼しく(寒く)感じました。

 yudayさんのメガリは黒いボディ。カスタム多数でカッコイイ。

平日なので対向車ともほとんどすれ違う事なく休憩所に到着。貸切状態ののんびりした道と空がとても贅沢に感じました。

駐車場ではバイク談話やプライベートなお話もしながら私たちはメガリを愛でます。。。

故障話やカスタム情報、そして走りなど、こうも話題に事欠かないバイクも珍しい。つまらない人生に一石を投じるには十分過ぎるメガリ。カッコ良くて、育てる愛着もあって、色々と勉強にもなります(笑)

 ミラーシールドに映り込むメガリ。

そしてある意味、初めてのバイクがメガリというのは羨ましいと思いました。

yudayさんはメガリのトラブル面に対しても私以上に寛大で「故障したら直せばいいですよ」という発想(笑)そんな小さな事には拘らずにカッコイイという価値を目的とし、そのためには多少のメリットを犠牲に出来る潔さ。

そうやって自分の哲学を培いながら現実と向き合う姿は大変共感できます◎

こういうところが「安心」というディフェンスにからオフェンスへ、つまり「挑戦」ということなのだろうか。

個人的には我が道の人生はカッコイイような気がします。



写真話のつもりが、またまたバイク話になりましたが(・ω・;)

撮影もライディングも根本の部分は同じですから。

両方とも素直に楽しんだもの勝ちです。。。

0 件のコメント: