2012年8月24日

HYODのレザーパンツ

今回は先月に書きかけだった記事を少し書き足してUPします。


夏のツーリングともなれば、常識的には涼しいメッシュウェアの出番だと思いますが、私の場合は過去の転倒で擦過傷から守ってくれたレザーウェアを中心に着用しています。

レザーは転倒時の備えとしては万全で、夏のチクチクする日差しやマフラー熱からも皮膚を守ってくれます。

でも。。。熱を溜め込むので真夏の蒸し暑さはさけられません。



現在、手持ちのウェアはSPIDIのレザージャケットを2着(ツーリング用とタイトなスポーツ用)とRS TAICHIのミッションジャケット(コーデュラ製)、ボトムスはコミネのレザーパンツ一本だけ。

ジャケットは胸元を少し開放すれば、風が背中まで通り抜けるので何とか我慢はできました。

しかし、革パンはどうしようもありませんので、少しでも快適に過ごせるように、パンチング仕様のものがどうしても欲しくなりまして。

そこで「裾がブーツアウト、パンチング仕様、スライダー装備、シックで細身のデザインという条件のレザーパンツを捜索。

しかし、需要が少ないためかこの所望に合うものがなくf(・ω・; )

見つけたのはHYOD(ヒョウドウ)のレザーパンツでした。

さすがにHYODはツボを押さえております!!

 履いてみました。

 HSP013D
 ST-X D3O® SYSTEMPANTS (STRAIGHT)

こちらの製品はHSP013DTボディーサポートとHSP013DBレザーパンツを組み合わせた製品です。本当はレザーパンツ単品を購入したかったのですが、そちらのMサイズは完売で仕方なくセットアイテムのものを購入しました。

HSP013Dのブラックモデルは一見地味ですが、一部にはカーボン調の革素材なども用いられ、複雑に組み合わされた立体裁断と縫製が施されています。HYODのレザーパンツの中では最もシックで大人の雰囲気。

着用してみるとシルエットはやや細身。

ラインはストレートですが裾先はブーツカットっぽくて◎

ただし、一番小さいMサイズでも股下の長さが約85cmとロングな設定なので、脚が長くない私はレーシングブーツを履いて踵ギリギリ、ミドル丈のブーツだと歩行中に踵を踏むことがありました(笑)

一応、ファスナー手前までの数センチは無料で裾直しも可能とのこと(ファスナーカット加工は¥5,250)。



光沢のある革の厚みは、裾の部分で約1.2〜1.5mm位?手持ちのコミネ製の革パンは約2mmと厚手なので、それと比べればやや薄く感じますが、そのぶん柔軟性に富んでいます。

初めて履いても屈伸運動が余裕でできたのには驚きました(正座も楽勝)。これなら革のならし期間は全く不要だと断言できるレベルです。腰回りはローライズではなく安心のハイライズ。ピップ部分は運動性を優先している形状のためか、けっこう余り気味でおもちのようにのっぺりしています。

実走行での履き心地と運動性は素晴らしく、スポーティなライディングも余裕でこなしました。

見た目はスリムだけど不思議とゆとりがあってストレスは全く感じません。ウエストもゆるめで想像以上にラクでした。これなら冬用のダウンパンツや厚手のインナーも十分に入りそうです。


履きならしたかのように柔らかい革◎
裾のファスナーはレーシングブーツでも脱ぎ履き簡単。
デザインもロボットみたい。


標準装備のニースライダーはハイセンスなデザイン。

スライダーはやや減りやすく、路面とのタッチも少し硬質(乾いた感じ)ですが、装着しているのを忘れそうなくらいに超軽量です◎

気になったのは、ベルクロの接着がもの凄く強力でスライダーを剥がすのに一苦労しました。

ちなみに、デグナーの「DB-05 バンクセンサー」はデザインはともかく、セラミック配合の効果なのか、路面との接地感も抜群のシルキータッチ(しっとり)で耐摩耗性にも優れ、しかも安価。革パンの穴あき防止やサーキットで活躍すると思われます。


膝のD3Oプロテクター(脱着可能)は動きを妨げずほとんど気にならない◎

そして、プラ製プロテクターよりも膝のふくらみが目立ちません。衝撃を受けるまでは柔らかい特性を持つD3Oなので、もう少し縦に長ければさらに安心感はUPするかも。

※衝撃吸収素材D3O(ディー・スリー・オー)についてはHYODさんのホームページにてお調べください。


本題の1mm径パンチング穴は蒸れ対策に効果あり◎

昼間はこれでも暑いけれど風が通るので十分な効果はあります。朝夕は冷たい風が通り抜けるのを実感。晩秋〜冬はウィンドストッパー等が必要でしょう。。。


とても便利なサイドポケットを装備◎
キーや携帯も十分に入ります。


腰サイドとヒップにかけて、超やわらかな低反発フォーム。
装着しているのを完全に忘れるレベルです。
指一本で押しあてても写真の通りに↑ 柔らかでした。


裏地はさらさらメッシュ◎

当然のことながらアンダーウェアには吸汗速乾のクールインナーを別に購入して使用しています。汗をかいても裏地が張り付かないから運動性と脱ぎ履きの両立には必須。風が抜けるとひんやり感もあって快適です。


膝裏のナイロン素材は動きやすく通気性も◎


標準装着されていた腰痛緩和のHSP013DTボディーサポートは

ファスナー1つで取り外しが可能。

背骨の部分にはD3Oプロテクターが内蔵。
腰の負担を軽減するボディーサポートは、しばらく使わないと思いますが、HSP013DTボディーサポートを単体で購入すると19,950円ですから、セット販売のHSP013D(63,000円)は考え方によるとかなりお得かも。


今回、HYODのレザーパンツをじっくりと履いてみまして。

全てにおいて上質を追求するならば、縫製なども含めて他にもハイランクな品はあると思いますが、素材とデザインとコスト、これらのトータルバランスで考えるとHSP013Dの価格設定は少し安いのかもしれないと思いました。

優れたデザインの革製品であること、さらにデニムパンツ並みの運動性を併せ持っているのは貴重です。

HYODの製品を購入するのは初めてだったので、定価だし最初はちょっと高いかなと思ったけれど、色々と手が込んでいて履き心地もこれだけ満足できるならば中間価格帯では最良の選択のように感じました。

これまでレザー製品を敬遠していた方でも、一度身に付ければ確実に気に入るのではないかと思います。冬物やグローブなども試してみたくなりそう。


そして仕事疲れも限界なので
寝ます。。。(_ _).。oO

明日は久しぶりに朝メガリの予定ですので。。。


追 記 2012/11/14
HYODの秋冬用レザーパンツはこちらの記事をご覧下さい。


5 件のコメント:

めがいし さんのコメント...

おぉ!!レザーパンツ!!
カッコいいですねぇ!!
私はまだパンツだけ揃えられていないので、是非参考にさせていただきます!!
差し支え無ければ、私のブログにリンクを張らせていただいてもよろしいでしょうか??

西山武志 さんのコメント...

めがいしさま
返信が遅くなってすみませんでした。

また、ありがとうございます( ' - ' *)
レザーは夏と冬はけして快適とは言いづらいのですが、万一
の場合に擦過傷から守ってくれるので安全上おすすめです。
経験上、これまでにもレザー着用時の転倒では無傷でした。

当ブログへのリンクは公序良俗に反しないサイトやブログ
からであれば許可をさせて頂く指針ですのでOKです!

めがいし さんのコメント...

ご返信ありがとうございます!!
自分の身を守るためにも、きちんとした服装を着用しないといけませんね。。
気を引き締めます!!

リンクの件、ありがとうございます!!
バイクもブログも、公序良俗に反しないよう、スマートさを心がけます。

これからもよろしくお願いいたします♪♪

西山武志 さんのコメント...

めがいしさま
こんばんは

運転技術や状況把握に長けているプロライダーでさえ
公道は怖いというのをどこかで読んだ気がします。

どんなに注意していても突発的な事故に巻き込まれたり
することもあるので、転倒を前提とした服装が望ましい
と思います。まさに備えあれば憂いなし!!

心と体をコントロールできる範囲で楽しく走れるのが
上手なバイク乗りなのかもしれませんね。

「危険を知り己を知れば百戦危うからず」

スマートな乗り方はカッコイイと思います(^-^)

めがいし さんのコメント...

おぉ!兵法!!

まさにその通りですね。
ありがたきお言葉、感謝いたします!!

「一を以って之を貫く」

慢心せず、油断せず、
人が見ても気持ちの良いライディングを目指します!!