2012年12月5日

ソアラのバッテリー交換など

今年はバイク乗りとして復活いたしまして。

その上、普段は別の車を利用することが多いので、月に一度くらいしか乗らなくなってしまった愛車のソアラさん。

ほとんど放置状態だったこともあり、とうとうバッテリーが虫の息...f(・ω・;)

仕方がないので動かなくなる前に交換です。。。


ちなみにUZZ40型ソアラの純正バッテリーはドイツ工業規格のDIN。純正の型番は「56618」という特殊なバッテリー(・_・;)

純正もいいけど、今回は試しに社外品をセレクトです。

Panasonic製の欧州車用カーバッテリー「カオス CAOS WD 品番※75-28H」を購入してきました。

※純正56618の互換品として利用できます。

 名前は混沌としておりますが

 なにやら15%アップ。。。

 インジケーターはやっぱり便利

メーカーの触れ込みは。

「欧州車用カーバッテリー、安心の国産品、業界最高水準の大容量、MFシルバー合金採用で耐熱性、耐久性向上、カーオーディオの音質を向上、安全化技術により破裂事故の不安を軽減、2年または4万Kmの製品保証(どちらか早い方まで)」。

色々と期待してしまいます。

とくにカーオーディオの音質を向上という部分が決め手。

純正オプションのマークレビンソン・プレミアムサウンドシステムは、ほとんど歪みが無い音だからJAZZやクラシックを聴くには最高に耳障りがいいのですが、逆に出来すぎていることもあり、もう少し刺激のあるサウンドを求めておりました。。。


ちなみに実際の車で聴き比べてきた経験上。

マークレビンソン / どこまでもクリアなサウンド。

JBL / ニュートラルで柔らかい音。

BOSE / 元気で弾みがある。

主観ですけど、だいたいこんな感じでした。


 バッテリーは重いです。。。

取り外しはマイナス→プラスの順に外し、取付けはプラス→マイナスの順で作業。
このくらいなら、なんとか自分でも大丈夫(笑)

バッテリー交換後はすこぶる快調。

エンジン始動も一瞬!

そして肝心のオーディオを聴いてみると。

おぉ(・o・;) !!

芯があるというか、よりクリアで生っぽい音質に磨きがかかったような気がします。

音の立体感が確実にUP。

これは断然良くなったと思いました。


ついでにタイヤを点検すると溝は7〜8分山くらい残っていたものの、少しヒビが気になったので念のためにこちらも交換しました。

 タイヤ交換中。。。


タイヤ交換後は乗り心地、転がり、共に大幅UP!

走りが滑らかになりました。

しかし最近、足車であるセイバーのタイヤもパンクついでに交換したりして。

家電の故障症候群のように乗り物関係のメンテナンスが連続しております。



まぁ。。。



レディに比べたらf(・ω ・;)




全然かわいいものですが(笑)

そういえば、そろそろメガリの保険やタイヤなども考えないと。

う〜む。。。



0 件のコメント: