2012年12月19日

写真展の打ち合わせ

和歌山市にございますOnomachi α(オノマチアルファ)において、2013年の2月9日(土)〜24日(日)の期間に私の写真展が開催されます。

そちらの件ついて、先日にプロデューサーやデザイナーと打ち合わせをしました。


その前に。

Onomachi αにてココアを頂きました。

~~旦_(。-_-。)フゥ〜

茶器で召し上がるココアは柔らかい口当たりで美味☆

ここには他にもこだわりのメニューがございます。

ちなみに、Onomachi αは選りすぐりのアート作品やイベントを体感することのできる和歌山でも珍しいスポットですので、ご興味のある方はぜひぜひ訪れてみてください。。。


そして話は戻りまして。


プロデューサーとスケジュールなどを詰めました。

今回は展示期間中もイベントが盛りだくさんの予定です。

写真展のタイトルは見ての通り(*゚.゚)ゞ


反対側ではチラシやDM、図録制作のデザイナーと協議。

私のためにお力添えをしてくれる皆様のご協力で写真展の準備は順調に進行中です。


同時に展示についても協議しました。

Onomachi α 3階の展示会場は一歩足を踏み入れると感じると思いますが、年季の入ったコンクリートに包まれた会場の存在感が大変力強いので、平面の媒体で下手にインスタレーションを構築するよりも空間の存在感に逆らわずシンプルな展示にする方向で確認をしました。


つまり力押しではなく

柔能く剛を制すといいましょうか。

作品と空間をお互いに引き立たせながら

「素の美しさ」を輝かせます。


ちなみに2月10日(日)にはオープニングパーティーを開催!!

どなたでもご参加いただけますので、どうぞお気軽にお越しくださいませ。。。


2 件のコメント:

ヒロポン さんのコメント...

お疲れ様です。どんな写真展になるか、楽しみですね。
こちらは文章制作に難航しております。一行一行を書き進めるのは、ほんとうに難しいです。

西山武志 (TAKESHI NISHIYAMA) さんのコメント...

ヒロポン さま

大変ご苦労様です。
作品のイメージを文章に置き換えるというのは大変なことですね。でも、言語には人間の心を動かす素晴らしい力があると私は信じております(^_^)

...写真家が空と地上の狭間から見た光と影が織りなす景色、それらを人の心を触媒にして昇華させたファインアートフォトグラフィというようなイメージでどうぞ宜しくお願い致します。。。