2012年12月9日

芸術作品の撮影



しばらく前のこと。

和歌山市にあるOnomachi αに寺田忍さんの芸術作品が展示されておりまして。

展示会に携わる親友より、展示期間中に写真を撮ってほしいと気軽にお声がかかりました。

そして、某日にアーティストの許可を得て作品を撮影。

当日は私の時間の関係でたくさんの撮影はできなかったけれど、アーティストと作品について話をしながら楽しくパチリ☆q(’ ω ’ )

白い包帯に包まれた大きな作品と年代物のコンクリート空間をクールなイメージで写真にしてみました。

ちなみに、寺田さんは何にでも包帯を巻き付けるような作品を制作されており、建物なども丸ごと包帯で巻いてしまう凄い方。。。しかし、実際にお会いすると、ほんのりした優しい方です。

芸術の世界において過去の名作というのは大変素晴らしいものですが、「今」という時間を生きる現代アートの魅力は、直にアーティストと会えるというのも最大のポイントかもしれませんね。

作者の顔が見えるというのもまた、いいものです。。。


4 件のコメント:

ヒロポン さんのコメント...

す、すばらしい!
思わず鼻血が出そうになりました!

西山武志 (TAKESHI NISHIYAMA) さんのコメント...

ヒロポン さま

ありがとうございます!
今回の撮影では、本当に私の手のひらの血を透過して写した写真もありましたね(笑)
ちゃんと被写体が赤色に写っておりました...f(’-’;)

寺田忍 さんのコメント...

西山様

素晴らしい写真、ありがとうございました!
コメントが遅くなってしまいました。
個展、楽しみにしています。

西山武志 (TAKESHI NISHIYAMA) さんのコメント...

寺田忍 様

こちらこそ、寺田さんの不思議なアート作品には心底楽しませて頂きました。
来年の個展に向けて頑張ります!