2013年1月18日

大阪のけんちゃん

 カツ丼には理由があります(笑)


12月から成人式の記念写真を中心に撮影をさせていただいておりまして、ようやくピークが過ぎました。

「一生に一度の二十歳の記念」となりますので内心は緊張しながらのお仕事なのですが、コツコツ丁寧に撮影をさせていただきましたので、どれも美しい仕上りとなっております。

ということで、ようやく心に少しだけゆとりができました。。。が。

夢も見ないくらいに忙しい日々を送ったせいか、少し前に「初ぎっくり腰」に見舞われてしまい腰に激痛(×_×)

右足もしびれを伴って2日ほどろくに動かなくなり、好きなバイクに乗れなくなるのではという怖い思いをしました。今はかなり回復しましたが、まだ少ししびれが残っております。

数年前から体が弱くなり「そろそろ歳かなぁ」と本気で考えます。

う〜む(- ω -;)。。。



話を本題に戻しまして。




年初めに、けんちゃんからツーリングに誘われたので息抜きと言いますか、仕事から逃亡してメガリで参加をしました。

もちろん水漏れは未だに修復しておりませんが、クーラントを補水すれば問題の無い愛車のメガリ250r(笑)遊ぶバイクとしての面白い走りは真冬でも最高です。

ツーリングの当日は大阪で待ち合わせをしてからみんなで出発をしたのですが、今回は仲間の1人が私の目前でスリップダウン。

かなり心配する場面もありましたが、幸いな事に大きなケガもなくホッとしました。

本当にいつもいつも思うのですが。

ベテランもルーキーも全く関係なく「バイクという乗り物は転ぶもの」というのがライダーが背負う現実問題。ですので、せめて体を守るためにも防具は身につけるべきだとやっぱり思いました。

上半身にはプロテクター入りのバイクウェアを着用しているライダーは大変多く見かけるようになりましたが、下半身の装備をきちんとされている方はまだまだ少ない気がします。

大きなお世話かもしれませんが、膝などに気休め程度のプロテクターが内蔵されているズボンでも「あるとない」では転倒時のダメージは天地のように違う(経験上)と思います。。。


そんなこんなのツーリング一行は目的地である奈良県の某B級食堂に到着。




そして突然ですが(笑)


こちらのお方こそが


私がいつもお世話になっております。


大阪のけんちゃんです。

 ※ご本人よりお顔出しは承諾済みです

バイクの悩み相談からツーリングの企画まで様々なことにご助力してくれる凄く良い人◎

例のメガリ250r限定フェンダーレスキットをこの世に生み出したご本人でもあり、メガリストの間ではかなり有名なお方です。

けんちゃんは某食堂で注文された名物の大盛りカツ丼でさえも。

大阪が関係あるのか、きちんとお笑いに持ってってくれました(笑)

 実際のボリュームは深底なので凄いです。

けんちゃんはリーダーであり、ムードメーカー。

お笑いを振り撒きながらも、いつもみんなに気を使ってくれる

とても心の優しいライダーです。


帰り道もけんちゃんおすすめの「カフェ・パドック」にて車やバイクのトークをみんなで楽しみまして。

最後はRSタイチの本店で解散。

こちらでメガリ250rのタイヤについて、けんちゃんからご指南をいただきました。

 RSタイチさんはパーツの宝庫でした(和歌山にもあれば...

メガリ250rは路面が荒れていると小さくピョコピョコ跳ねるというので(サスの影響かもしれないそうですが)もしかしたら標準装備のバイアスタイヤであるIRC RX-01よりも柔軟性のあるラジアルタイヤ、ピレリ ディアブロ・ロッソⅡ(だったと思う)などが、いいのかもしれないという可能性をお話してくれました。

実際のタイヤで、どれくらいコシが違うのかも見せてくれましたが(写真上)、タイヤを上から押さえつけると、バイアスはコシが固くて路面との接地感にやや弱点があり、それに比べてラジアル構造のタイヤはグリップ面がしなやかに路面と接地しておりました。

しかもラジアルはバイアスよりもかなり軽量。

きちんとお値段なりに高性能です。

このレッスンを目の当たりにすると、乗り心地やハンドリングにかなり影響しそうな気がして、なんとなくラジアルタイヤに心が靡きます(笑)

もちろんのこと、標準装備のバイアスタイヤIRC RX-01は恐ろしく安価でありながらもニュートラルかつシャープなハンドリングとドライグリップに優れたお気に入りのタイヤには違いありません。

ちなみに次期候補に浮上していたRX-02はタイヤのトレッドパターンが普通にカッコいいと思っていたのですが。。。実際に見るとデザインが「レインタイヤ?」という残念さに、あえなく撃沈となりました(※個人的感想)。


交換するならRX-01かハイグリップのRX-01 Spec R、もしくはピレリ ディアブロ・ロッソⅡになりそうな予感。。。





メガリとピレリで





メレリ。。。



いいかも(・x・ )

4 件のコメント:

けんちゃん さんのコメント...

はいっ、大阪のけんちゃんです。

タイトルそのまんまやん、『お散歩グルメツー』かと思いきや俺メインとは・・・

先ずは先日のツーで転倒した彼の近況だけど、膝の腫れも徐々に引いてきていて何より膝パッドを本日購入されたとの事。

かれも例外ではないが、メガリというバイクに乗りたくて免許を取得し、初めてのバイクでトラブルの多さで挫折や技量の過信での事故(廃車)など時折耳に入ってくる。


近年発売されたマシンの中で、ベテランからビギナーまでワクワクさせた希少なマシン。
だからこそ楽しさと転倒の可能性を理解し、防御装備の重要性も伝えて今後もメガリライフを一緒に楽しもうと思ってます。

余談ですが、来月中旬以降の週末に『第一回 メガリでグルメツー』を企画予定です^^

西山武志 (TAKESHI NISHIYAMA) さんのコメント...

けんちゃん さま

お疲れさまです_( . _ ._ )
タイトルそのまんまでしたね(笑)

転倒の彼は膝の腫れが結構長引いていたのですね。。。大事にいたらず&バイクが嫌いにならなかったようで何よりです。

けんちゃんと同意でトラブルによるメガリ疲れもあるだろうし、スリップや接触事故による転倒のリスクについて常に「ある」という気持で運転しなければいけないと思います。

せめてプロテクター類はヘルメットと同じように標準装備を宣伝しましょう。バイクで悲しい思い出を作らないためにも本当に重要なことです。

『第一回 メガリでグルメツー』にも期待しております!!
3月中旬までは時間的に空きがないのですが...よろしくお願いいたします。

soh さんのコメント...

西山様

お疲れ様です。
今年初めての投稿させて頂きます。
今年もよろしくお願いします^ ^

私はバイク歴10年ぐらいですが、まだ転倒した経験は
ありません。ただ、私も目の前で友人が車に追突して
バイクが大破(本人は打撲だけ)した経験はあります。
やはりバイクに乗る以上、転倒する前提で装備も
整えなければなりませんね…

さて、うちのクロガリ君ですが、クーラント漏れが酷くなり、
12ヶ月点検を兼ねて入院しました。(ワケあってGさんではありません)
やはりインペラシャフトにガタが出ていたようです。
シャフトも交換して頂き、2時間程度高速道路を走りましたが、
ドレン回りはキレイ♪結論にはまだ早いですが、とりあえず
一安心です^ ^

西山様のメガリは如何でしょうか?

また情報交換させて下さい。

西山武志 (TAKESHI NISHIYAMA) さんのコメント...

soh さま

お疲れさまです(・ω・)/

本年もご投稿ありがとうございます。
こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。

バイク歴10年で無転倒というのは本当に凄いことだと思います。
私などは転倒辞典が書けそうです(笑)
ご友人が車と衝突されたのをその目で経験されているのも衝撃ですね。車との接触は怪我の重篤率が高いので避けたいところです。。。

クロガリ君も復活のご様子(^-^)g
原因は以前にsohさんがお話されていたインペラシャフトのガタでしたか!
こちらは時間がなくてまだ修復作業を実行できておりませんが水漏れは微量です。次回の修復ではインペラなるものに挑戦してみますね。

その後のご報告をお待ちしております。

あと、私事ですが2月に和歌山で写真展を開催しますので、ご都合がよろしければぜひぜひ遊びにいらしてください。

会場ではメガリトークも全然OKですw