2013年1月30日

メガリのスピードメーターセンサーほか

ここ二ヶ月。

忙しいのでバイクには2〜3度しか乗っておらず、本来はブログのヒロインであるはずの愛すべきメガリネタも特にありませんf( ' ω ' :)

放置中の冷却水漏れ(微量)も修理したいけれど、2月は写真展「AIR」が和歌山で開催されますのでスケジュール上やや厳しい想定。。。少しバッテリー残量も気になります。

ちなみに個展期間中の在廊にはメガリで出掛けることもあるかも(笑)

ということで、今回は久しぶりにメガリ話です。


数ヶ月前のこと。


メガリ250rの点検中、スピードメーターセンサーに亀裂を発見しました。



どうやら樹脂成型時にできるパーティングライン(合わせ目)が割れております。



気になるのはスピードメーターセンサーの固定ボルト穴部分のフチまわり、その肉厚が少し薄いこと、そして樹脂の強度不足が原因なのかもしれません。

手作り感覚のメガリだけに私の車両固有のトラブルかもしれませんが。

ボルトで固定するための穴には金属のカラーが封入されているので簡単にはじけ飛ぶようなことはなさそうですが、ディスクローターが目と鼻の先にあったり、配線がスピードメーター付近のカプラーまで繋がっているので万一の場合を考慮すると気になります。

ですので念のために交換していただきました。。。


作業は数分で完了しましたので


とくに書くことも


ありません。。。σ(・ω・;)



ついでに燃料タンクを交換。

おそらくは溶接個所の真上にある◯装部分に数カ所の◯裂が発生していたのでサビる前に交換となりました。

 手前が元のタンク、奥が交換用のタンク。個体差で明るさが違います。。。


納車時からコツコツ塗り重ねたガラス系コーティングのツヤが無くなるのは残念。。。

そして、色も元よりかなり明るくなってしまいました。

とは言いながらも実は全然気にしておりません(笑)



そして気がつけば、メガリストになってあっという間に1年が過ぎました。



本当に、この愛らしいバイクに関わっている日本の代理店、販売店、そしてメガリスト。

みんなそれぞれに負担はあるし、めげずに頑張っていると思います。


まさに石の上にも何年かもしれない。


それでも、この1年でずいぶん良くなったと思うし、育てる喜びとともに過ごしてきた時間はバイク人生の中でもかなり濃い思い出です。

本当によく故障するバイクだけど、既にそれが普通の感覚となってしまいました。。。実際に「そんなバイクやめとけ」ってお言葉を何度も耳にしているのですが、私の場合にはメガリ250rに家電的な乗り味やレーシングスペックなどを全く求めていないから楽しめているのかなと思われます。


欲するのは一つ、簡素で楽しい走り。


いつしか忘れかけていた、バイクを操る感覚というものがこんなにも楽しいものだとおしえてくれるバイクです。

1年という時間がこんなにも早く過ぎ去ってしまうことを鑑みれば。

思い出いっぱいのメガリスト生活は、かなり充実して有意義な1年だったと思います。。。


0 件のコメント: