2013年8月31日

滋賀県で美を学ぶ

 滋賀県は美しいところです。

そろそろ夏も終盤ですが、これから9月半ばにかけての雰囲気が好みですので、個人的にはまだまだ夏を楽しむ努力をしようと思いますが(・ω・)ナツハコレカラ...♪

現実には8月は本日が最終日となります。

ということで今回はサービス回的な超特大号(笑)


8月某日のこと。

銀聲舎の松尾寛氏と近畿の水瓶こと琵琶湖のある滋賀県へ取材に行ってきました。
じつは某プロジェクトの下見となります(・-・)フフフ

朝から松尾氏の愛車ミニクーパーで和歌山を出発。高速道路は空いており、あっという間に滋賀県に到着しました。滋賀県はとても近いのです。


琵琶湖はまるで大海原。最初は有名な某神社にて少し探検しました。
滋賀県は近畿圏からだと自動車のアクセスもよく、湖岸の道路も整備されており、気軽に自然を満喫できます。湖と緑にめぐまれた環境はそれだけで滋賀県の美を連想させます。



その後はしばらく車で走ったあと、とある高原で琵琶湖の地形などを調査。丘はユリの美しい香気に包まれていました。


ここでも自分が見ていた夏の記憶を写真にコツコツ残します。


ぼんやりとする灼熱の中、フラフラ写真を撮っていると。。。


はて? ↓↓↓


何だこれ?



。。。。。



。。。。



。。。




遠くを見ると一台のバギーが煙を巻き上げながら疾走していく姿。。。



まるで



リアルサイズのラジコンみたいでした。


久しぶりにやりたいなぁ。。。ラジコン。



。。。。。



。。。。



。。。



じゃあ。



やりましょう。



ということで思いついたら即行動です!!

取材の休憩中にバギーに乗ってみました(笑)

一周目は私が運転(´;・▽・ρ⌒q

オフロードですので操縦が少し難しいけど、これがめちゃ面白い。奥が深いので何周でも走りたくなります。



2周目は松尾氏の運転で発進!!


バンピーな路面もなんのその。タイトコーナーもクイックに旋回しておりました。

そして二人とも大笑いwww



そうこう仕事をしているうちに日が傾きだし。。。



琵琶湖の湖岸を走行しながら土地の情景に目を向けると、新しい住宅や古く歴史を感じさせる建物など多くの発見がありました。とくに旧家は独特の形状や家の繁栄を色濃く残しております。



到着したのは琵琶湖の最北エリア。



よく走ってくれるミニクーパー。

小さくても高級車。非常に優れた乗り心地で長距離でも全然疲れません。



このあとも日が暮れるまで取材をしました。

美を追求したお写真は他にもたくさんのショットがありますが、紹介しきれないので、今回は一部のみということで。。。


空が暗くなる頃。

晩ご飯は松尾氏が直感でみつけたレストラン「びわ」にて。




取材お疲れさまでした。

ということで松尾氏がステーキをご馳走してくれました。

美☆味ぃ('ー'*)♪
いつもありがとうございます。

料理を味わいながら、プライベートなことや諸々をお話しして会話を楽しみます。人生の先輩であり、私などよりも遥かに賢人である松尾氏との会話は教育になります。

ちなみに、このお店は大変多くの人で賑わっておりまして。駐車場も車でいっぱいでした。

そしてお腹も満たされまして。この日はお互いにお疲れモードで早々に休みです。


翌日。

朝からミシガンで有名な琵琶湖汽船の竹生島クルーズで島めぐり。竹生島の取材となります。


我々は長浜港から乗船したのですが、港には朝からすごく多くの観光客で一杯でした。

ちなみに駐車場がありますので、そのまま駐車して乗船券を購入したら簡単に船へ乗ることが出来ますよ。


いざ出発すると水面を滑るようなクルーズは快適。

長浜港から竹生島港(ちくぶしま)まではおよそ25分。上陸時間は75分あるので小さな島の観光にはちょうどよいと思います。帰りはまた長浜港へともどるスケジュールです。


※西からは今津港から竹生島へ、東からは長浜港から竹生島へ運行しております。

そして、いざ島に足を踏み入れますと。。。


島全体がお宝。。。(・o・;)!!


デ。。。


デ。。。


デ・カルチャー。。。

!!(O_O;)ノノオドロキマシタ

お写真はほんのごく一部ですが、あまりにも衝撃的で凄い宝島だと思いました。。。これ以上はあえて見せるのはやめておこうと思います。ぜひ、竹生島へ。。。


そして長浜港へ戻る帰りの船上から白波を見つめると。


刻一刻と表情を変える泡のような白昼夢がデジャヴ。。。竹生島は凄すぎました。

しばらくして港に着くと。

今度はお昼ごはん。

長浜の郷土料理「焼鯖素麺」を味わいます。


訪れたお店は「ぶぶあん」さん。
声の根がやさしい方言で店主と女将らしき方がテキパキとはたらいておりました。

甘く味わい深い鯖とやわらかな素麺は新鮮で美味しかったです。

落ち着きます。。。



帰り道が混んでもこまりますので、早々に滋賀県を後にしてから高速道路をたんたんと走り、大阪は北新地にある松尾氏ご推薦の「Tea House MUSICA」へ。


お客さんでいっぱいですので、しばらく待ちぼうけ。


席に座ると松尾氏はスーペリアルキーマン。私はシッキムを注文しました。

ダージリンとは少し違う香りと味わい。これも楽しい勉強。


選んだケーキは手前から。

「グレナダ」レムレーズン入り、チョコムース、ナッツ入りチョコレートビスキュイ、チョコレートダックスワーズのチョコづくし超美味。

真ん中が「きゅる きゅる」ミックスジュースと蜂蜜のムース、関西らしいケーキですが本当に超超美味。意外にすごいことかもしれません。

奥は「カサブランカ」ラムレーズンの入ったガナッシュとスパイスを効かせたホワイトチョコのムース超超超美味。美しい大人の味です。

紅茶だけではなく、ケーキの美味しさも絶品のムジカ。

オドロキマシタ(*・ω・*)


紅茶のこと。

本当に好きなのでしょうね。

なのに。。。

とある理由で色々と少し忍びない気落ちです。。。(TωT)



さらにお腹も満たされたところで。

恥ずかしながら帰りは「IK◯A」というところによっていただきまして(行ったことなかったので)、いろいろと見て歩きました。家具が山盛り、カトラリーなんかも山盛り。品物を見ているだけでもう本当にお腹いっぱいいっぱいですw



帰りは湾岸ルート。

あとはひたすら和歌山へ向けて走るのみ。


私にできることは走って走って、もっと走って写真でアートに灯を灯すだけなのでした。。。




今回の旅で。

写真家として、そこからもう一段と高い次元の「美」をどう見いだすことができるのか。

それをじっくりと考える時間を頂戴したような気がします。まだまだ心に磨きをかけながら努力すべきことが山積みだけど、その過程を楽しみながら自分の道を作ってみます。

取材の面白さはバーチャルではなく、自分の足で歩いて得た教訓からの発見や大自然のスケールの大きさを思い知ること。
視覚による擬似的な情報や頭脳だけで想像することは身のある経験とはいえず、実際に滋賀県に出向いたからこそ感じられる「実空間」を知ることが大切だと思いました。

私としてはとにかく足で稼ぐことの重要性を再認識した二日間。取材の成果は後々にとあるプロジェクトへつながり形になると思います。

どんなプロジェクトなのかというヒントは銀聲舎のホームページをごらんくださいませ。


そしてそして。

明日は某県の某所にて催される某パーティーに参加してきます。。。


2 件のコメント:

Hiroshi Matsuo さんのコメント...

こんばんは。
今年は文化庁の地域発・文化芸術創造発信イニシアチブのおこぼれにあずかることができましたので、西山さんが滋賀県のいろんなところに足を運んでいただければ、などと思っております。
わたくし少しでもクリエイティブなことができるように頑張っていきますので、なにとぞ、よろしくお願いします。
しかし、お写真改めて拝見。まさに「美の滋賀」ですね。

西山武志 (TAKESHI NISHIYAMA) さんのコメント...

Hiroshi Matsuo さま

こんばんは
「美の滋賀」とはいったいどういったメッセージとすべきなのか、おもむろに滋賀県の旅をさせていただきまして学んだことが数多くありました。それを積み重ねて写真の領域から芸術としての「美」をアピール出来ますように引き続き滋賀県に通わせせていただきます。
ご多忙のところ恐縮ではございますが、どうぞ宜しくお願いいたします。

そして先日の別件パーティもありがとうございました_(^ω^)_