2013年10月24日

天空の眼 第4話

ニュース和歌山にて連載中の「天空の眼」に第4話が掲載されました。

早いもので全8回の連載も折り返し地点となってきました。

私の生まれ故郷である自然いっぱいの和歌山上空から見た景色。今回は有田市の空で発見した「みかん山」です。もちろん写真に見える橙色のつぶつぶは名産の「みかん」。それはまるで宝石のようでした。。。

松尾氏の文章もいつもながら素晴らしい美しさ。

それでは早速ご拝読さいませ!!




vol.4  みかん山(有田市) 連載リスト

 和歌山のシンボル・有田みかん。明治時代、初めて外国に輸出された時はヤナギの枝を編んで作られたみかん箱の方が、実より重宝がられたといわれましたが、今の有田みかんは海外の富裕層に愛好される世界の一級品です。この写真は昨年の秋に撮影しました。小さな黄金色の粒が山全体に広がって光々しく輝くさまは、まさにフルーツ王国・和歌山の
豊かさを象徴するものであり、有田みかんは芸術の素材としても一級品であることがわかります。

タイトル「Mikan Yama」(部分)

撮影:西山武志 文:松尾寛(銀聲舎)

西山武志…写真家。1978年和歌山生まれ。大阪芸術大学大学院修了。キヤノン・デジタル・クリエーターズ・コンテストで「Gold Award」受賞。上野彦馬賞、フジフォトサロン新人賞など。紀の川市で西山フォトを経営する傍ら、「らくらく写真教室」を主宰。HP(http://www.art-tn.com)

※ニュース和歌山2013年10月23日号掲載


0 件のコメント: