2014年1月6日

回游城市が終了しました


昨日、西山武志写真展「回游城市」の会期が終了しました。

今回は仕事の関係で会場入りの時間を確保できずほとんど留守でしたが、いろんな試みがなされた作品は、夕暮れ時の少しうす暗くなる頃が一番はっきりと見えてきれいだったのが印象的でした。


「写真展」と聞けば一般的には紙などの媒体に宿っているイメージを克明に伝えるものを想像しますが、前回と今回の展示は、そういったクラシックなものではなく、写真の予備知識がなくとも美を直感的に感じ取れるような前衛的でシンプルなものに重点をおきました。

簡潔に述べるならば、子供が見ても楽しめる作品です(・ω・)


いきなりですが、例えば。


「すごい!!きれい♪」
※ご来場のお客様、まきちゃんより(4歳)


といった、お子様でも素直に喜んでくれる感覚に近いものだとおもわれます。


私は人の心が見え隠れするような、シリアスなものを突き詰めた写真作品が大好きです。

しかし、直感的な美を全面に押し出したモダンなフォトアートもまた、じつは同じくらいに価値のあるもののように感じております。

言うならば、どちらも芸術(美)としての到達点は同じ。。。かも。

時として、理由というものは必要ないこともあるのかもしれません。まだまだ完成度を磨く必要はありそうですが、楽しみは広がりそうですね。


この度は雪が舞う中、写真展まで足を運んでいただきまして本当にありがとうございました。

心よりお礼申し上げますm(_ _)m




そして次回は。



・ちっちゃいことはいいことだ。
・グルメツーリング。
・見せて貰いましたコ◯ネ版の。。。



三本です(予定)。











おまけ




雨の日に天籟宮へ行くとわかりますw


2 件のコメント:

けんちゃん さんのコメント...

お疲れ様でした。

やはりアノ傘気付いていたか、実は訪問時折角なので周りの景観が気になって裏口から出ると・・・発見^^
見たものなら何のかとかは分かるはず。

正直近江八幡市というのは琵琶湖で釣りをしているだけのイメージが(個人的感想です^^;)あったけど、あの街並みはもう一度ゆっくり行ってみたい素敵な街だった。

今年のツーリングに『琵琶湖一周』なんて企画してみようかな、本当に今回の個展は良い思い出になったよ(´ω`)

西山武志 (TAKESHI NISHIYAMA) さんのコメント...

けんちゃん さま
こんばんは(・ω・)

この度もご来場いただきまして大変ありがとうございました。初日のサプライズには驚きました☆
頂戴しましたお花もまだまだ元気に咲いております。お礼までm(_ _)m

そしてけんちゃんも傘に気がついていたのですね(笑)雨の日限定だと思われますが、なんだかシュールな演出が心に焼き付いております。近江八幡の八幡堀周辺は、桜の舞う季節になると格別の美しさですよ。今年の秋は「BIWAKOビエンナーレ2014」もありますので盛り上がると思います。

琵琶湖のツーリングもナイスアイデアですね。どんなドラマが待ち受けているのか、想像するだけでもワクワクします!!