2014年5月12日

続・第6回関西メガリツーリング!!


前回のつづき



出発直前にまたもやバッテリー上がりに見舞われてしまったレディ。
(※メガリ250r固有のトラブルではなく、ただのバッテリー上がりです



これはですね(・ω・)b

今年の春まで、ほとんどレディに乗ることができず、そのためにバッテリーが過放電してしまったことがきっかけでした。



しかもですねd(・ω・;)

バッテリーが偶然に復活したこともあり(詳しくはこちら)、ここ最近までバッテリーの調子が良かったことが、今回の悲劇に拍車をかけてしまいました。



つまりですねo(  ; ω ;  )

あとのときに入手していた充電器できちんと充電をしておけば、こんなことにはならなかったと思います(バッテリーを取り外すのが面倒で横着してしまいました)。



過放電で弱っているバッテリーは急にダメになってしまう可能性が高いということは常識であるのに。。。全て私の監督不行き届きが原因です。



ヾ(_ _。)...ハンセイ。








さて。。。お話を戻しまして。


けんちゃんと電話のあと、充電器(ちなみに充電器はBAL [大橋産業] さんの全自動充電器 1735を使用しております。オートバイから四輪自動車まで、簡単かつ安心して使用できる充電器なのでおすすめだと思われます。当然ながらソアラのバッテリーにも問題なく充電できました)でバッテリー充電作業を進めます。


仲間との待ち合わせとなる『第一集合場所』は確実に間に合いませんが、なんとか『第二集合場所』に間に合えば。。。半ば祈る気持でしたが、ガソリンタンクを取り外し、その直下にあるバッテリーにアクセス。


とりあえず40分間ほど充電してみました。


そして時刻はおよそ8:45頃となり。


ガソリンタンクを元に戻してエンジン始動。


掛かるでしょうか(・・;)ドキドキ


恐る恐るセルを回しすと。。。



チュルル!!




おぉ!!




ル...





ルル...











ル。








。。。(´_`。)グスン






儚い夢でした。








ル〜




ル〜





ル〜



ル〜ル〜ル〜ル〜、ル〜ル〜ルルル〜、ル〜ル〜 ルルル〜、ルルル〜ルゥ...



ラ〜ラ〜ラララ〜、ラ〜ラ〜ラララァ、ラ〜ラ〜ラララ〜....





夜◯けのスキ◯ット的なメロディとともに、つぶやきます。。。





「ラ◯ァ、私を導いてくれ...」




. . . (  ; ω  )





。。。!!





よし。




新しいバッテリーを入手するために車に乗り換えて急遽ホームセンタへの出発を決断しました!!



セイバー発進!!



つづく。。。








つもりでしたが、もう少し記します。





某ホームセンターの開店と同時に入店しまして。

そそくさと早歩きで所望のバッテリーを確認。互換品でしたが品番も問題なしです。

近くの店員さんに「このバッテリーの在庫はありますか?」と尋ねると、「こちらになります」と、ストックから持ってきてくれました。

無事に品物を受け取り、今度は超早歩きでレジへ。


やった。。。あったよ♪


謎のメーカー製で11,000円以上しましたが、これで解決できると思うと心はお花畑です♪


*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜  *・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜  *・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜ヽ( = ´ ω`=)ノ*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜  *・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜  *・゜゜・*:.。. .。.:*・゜゜・*:.。. .。.:*・゜  


意味もなくちょっと感動しました。


何だかわかりませんが人生得した気分です。


そして、そそくさとメガリハウスに戻りw


交換作業に入ります。



これが入手できたバッテリー!!

その名も『駆-kakeru-』

いかにも電気が迸りそうで、エンジンがかからないレディにはうってつけのネーミングです!!

逸る気持を抑えつつ、丁寧に開封。。。







ん?( ゚ д゚)




え?(; ゚ д゚)!!


形状が . . . 違う。




純正バッテリー(左)、購入バッテリー(右)


純正は横長、購入したものは縦長(笑)

よく見ると品番は『BG7L-BS』。


結局、駆けられませんでした。。。



まさか、まさかの品番間違いです(|| ゚Д゚)!!

どうやらホームセンターの店員さんが品番を確認し忘れたか、もしくはよくわからずにバッテリーを手渡してくれた模様。しかし、私も受け取ったときに再度品番を確認しなかったこともあります。

バイク用バッテリーも複数の種類があり、形状も似ているため、詳しくない人にとっては確かにややこしいのかもしれません。

しかし、これは想定できませんでした。



ちなみにメガリ250rの純正バッテリーはYTX-9BS

私の車両にはYUASAバッテリー『YTX-9BS』のUSAモデルと思しき表記がありました。

他にもネット販売のアマ◯ンではYUASAバッテリー『YTX-9BS』のTIWANモデルがありました。しかもオドロキの3千円台という超安価なプライス。。。


またもや、儚い夢となりました。


でも、久しぶりの休日となる私は仲間とツーリングに行きたいのです。


ですので選択肢に迷いはありません。



 1.ツーリングを取りやめる
☞2.再再チャレンジする



ポチッ。。。



時刻はすでに9:20頃、レディと私は完全に最後尾スタート。



人間、最後は気合となりますw



もう一度、虫の息の純正バッテリーに戻し、タンクもまたまた取り付けまして(だんだん手慣れてきましたw)。



スイッチON




ウィ〜ン




セルをスタート




チュルルル...




!!




ッドドドドドドドド!!!!


━━(゜ロ゜;)━━!!!!






心の声『なんなのさ〜』





とにもかくにも、しゅ...



出発〜〜〜!!!!





つづく。。。


4 件のコメント:

メガリに乗りたい人 さんのコメント...

はじめまして。
メガリが欲しくて、情報収集していたらこのブログにたどりつきました。

メガリ乗りが私の周辺にいませんので、いきなりで大変申し訳ありませんが、質問させてください。

今日ショップで、中古メガリを購入しようと見てみたのですが、マフラーがセンターではなく、すこし左に曲がって見えました。
バイク上部から見ると曲がって見えないのですが、後ろから見ると曲がって見えます。

これはマフラーが曲がっているというよりは、本体が歪んでいるからそう見えるとショップの方は言っていたのですが、メガリ乗りの皆様のマフラーはちゃんとまっすぐセンターありますでしょうか?

以上です。
どうかご回答よろしくお願いいたします。

西山武志 (TAKESHI NISHIYAMA) さんのコメント...

メガリに乗りたい人 さま

初めまして、こんばんは。
この度は等ブログにコメントを投稿いただきましてありがとうございます。

早速ではございますが。
私個人の見識としてお答えさせていただきます。

>マフラーがセンターではなく、すこし左に曲がって見えました。
 私の車両も左に曲がって見えます(真っ直ぐと言い切れる車両は見たことがないかもしれません)。

>本体が歪んでいるからそう見えるとショップの方は言っていたのですが...
 それも本当だと思います。実際に全体が歪んでいます。

ショップの方のご説明は概ねその通りであると私個人としては思いました。

メガリ250rは個体差があり、車体フレーム全体の歪みは国内メーカーのバイクにくらべると明らかに大きいです。しかしながら、知人が所有されている某イタ◯ア製の「ジ◯ラ」というバイクはメガリを上回る歪みでした(・ω・;)

メガリ250rのフレームが歪んでいるというのは『なぜ?』と思うのは当然ですが、大陸製ですのでどうしようもないと思われます。慣れるまでは気になりますが、時間が経てば徐々にどうでもよくなります。
走りの点でも、かなり厳密に言えば左右のハンドリングがやや異なりますが、これも慣れますし、狙ったラインを走ることが十分に可能ですよ。

いろいろと「あるある」のメガリ250rですが、私の仲間を見ているかぎり独特の乗り味や、カスタムに目が移る傾向のようで皆さんすごく大事に乗られております。

ご参考まで。。。

メガリに乗りたい人 さんのコメント...


ご返答ありがとうございます!

マフラー曲がりはデフォルトだったのですね(笑)

ビジュアルが一番好きなので、初めて乗るバイクがメガリというのは不安ですが、購入したいと思います。

冷却水漏れとエンストにおびえています…。

これからもブログ見させていただきます!
どうもありがとうございました!!

西山武志 (TAKESHI NISHIYAMA) さんのコメント...

メガリに乗りたい人 さま

おはようございます。

初めてのバイクがメガリになるとのことで心配な面はあるかと思いますが、ご購入後も販売店さんと仲良しになると色々と相談しやすくなりますよ(^ ^)

私の車両も厳密に言えば水漏れしていますが、年に数回ほど少量を補水すれば問題ない感じです。仲間内で、最初はエンストの多かった車両も最近は減少している気がしました。

拙いブログではございますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします☆