2014年5月24日

メガリのチェーン清掃


しばらく前のこと。

レディ(メガリ250r)のチェーンを清掃しました。

とにかく乗っておりませんでしたので、ツーリングも控えていることもあり、点検しておかなければという気持ちでスタートです。


ということで。


いつからだろう。。。もしかしたら半年近く放置しているのではないかと思われるアイテムの封を切りました。

それは何かと言いますと。


アストロプロダクツの『AP ユニバーサルスイングアームスタンド ミドルタイプ』というバイクスタンドです☆


当然ながら、メガリ250rはサイドスタンドですので(自転車のサイドスタンドと同じです)。センタースタンドのようにタイヤを宙に浮かせることができません。

チェーン掃除はタイヤを回転させながら掃除しなければならないので、これがないとちょっぴり面倒な作業となります。

とはいいましても、はっきりいいまして、センタースタンド掛け&パンタグラフジャッキで車体の右側を持ち上げるやり方のほうが簡単かもしれません(以前はそうしておりました)。。。というのはナイショです。

でも。

ともかく、一度は使ってみたかったのでやってみます。


箱に入っているパーツは少ないのですが、説明書がありませんでした。。。

仕方がないので何となく想像しながら組み合わせていくと。


ほぼ完成。

ここまでは1分かかりません(笑)

しかし、注意点はありました。

黄色くて、剥がれかけている警告シール付近にある連結部分です。



補強用?としてボルト留めするプレートには向きがあります(私は逆向きで失敗しましたw)。





安全のためにも注意d(・ω・;)


ちなみに、アストロさんのHPに詳しい説明書きがありました。。。(当ブログは、アフェリエイトもステマもありませんのでURLのコピペでご利用くださいw)

こちら
http://www.astro-p.co.jp/product/280/




こちらも間違えておりました。


後日に気づいたのですが、正しくは大きなワッシャーは矢印の側です(※以下、写真にあるワッシャーの位置は間違いのままとなりますw)。




こんな私にも出来ました(・ω・;)g"☆

次に。

※フロントのブレーキレバーを握った位置で必ず固定(次の作業で車体が前に進んでしまう恐れがあり大変危険です)します。

太いゴムバンドや紐、マジックテープなどでブレーキレバーを固定してもよろしいかと思います。できれば二人いると安心です。


サイドスタンドは立てたまま、L字受け台をアームのこのへんにセットしました。セットする場所はお好みの位置でよろしいかと思います(私はワッシャー位置の間違いのため、ここしか届きませんでしたw)。


怖いけれど。。。いっきに持ち上げます。。。



それ!!



*>ω<)ノ!!


。。。



グググ...




ズルッ(L字受け台が滑りました)。



ガチャン!!




...三 ;゚Д゚)!!!!



ガクガク...ブルブル...






アブナイアブナイ...f(・ω・;)



気を取り直して
もう一度トライ!!






できました☆
(どちらかといえば、たまたまできました..)


ようやくここまできたところで。。。

近所のホームセンターで購入しておいたチェーンクリーナーを準備(手袋をしましょう)。

作業の前に段ボールを車体の下に敷きます。

このとき、ドリブンスプロケットのさらに前まで敷きましょう。。。液が飛び散ります。



ようやく、いつぞやに購入したチェーンブラシの出番です(去年かな)。


タイヤを回転させながら、チェーンクリーナーとブラシでゴシゴシ。。。

やや大雑把な仕上がりですが裏側まで掃除できるので便利です。

でも。やはり一人だとちょっと大変でした。


掃除前。チェーンが汚れています↑


掃除後。チェーンがきれいになりました。

でも。

タイヤが汚れました。。。(ノω・`。)




チェーンクリーナーが乾くのを待ってから(私は念のためパーツクリーナーでもう一度脱脂 ※けんちゃん曰く、シールが痛むのでダメのようです)最後はチェーンルブで注油。

タイヤを回しながら、まんべんなくシュ〜と吹きます。

オイルが染み込むまで暫く放置してから、余分なオイルを軽く拭き取って完了です。

このあと、ついでにチェーンの張りを調整しました。

メガリ250rはチェーンの遊びが1センチとタイトですので(笑)

けっこう張り気味に調整。

その後のツーリングではシャラシャラと滑らかな音になり、フィーリングも大幅に向上したのでした。

思わぬ怪我をしたり、手間や時間を考えるとバイク屋さんで有償クリーニングするのも全然アリかもしれませんが、自分でメンテナンスをするのも勉強になると思いました。。。


そして、こちらに続いたのでした→こちらw


追 記

メガリ250rの基準は、ごく若干変わっているかもしれません。。。w



さらに追記


メガリ250rの場合、スタンドにV字フックを使用し、貫通シャフト(ホイールの中央部分)に棒を通して持ち上げれば、安全かつ簡単にジャッキアップができるようです。

もともと、このような製品もあるし、スタンドのオプションで設定されていれば利用するのがベストだと思われます。。。


4 件のコメント:

市原のあき さんのコメント...

いつも参考にさせてもらっています。

ちょっと気になったのが、
結構張り気味のチェーン…

遊びは規定通りの
1cmを確保してますでしょうか?

バイクは人が乗るとサスが沈み、
チェーンが無乗車時より少し張ります。
走行中の加重でさらに張ります。

私も以前チェーンを張り気味にして、
チェーンをダメにしちゃいました。
最悪はドライブシャフトの軸を
痛めることがあります。

ご存知でしたら、すみません。

西山武志 (TAKESHI NISHIYAMA) さんのコメント...

市原のあき さま

ご無沙汰しております(^ω^)

チェーンのアドバイスありがとうございます。
ドライブシャフトの軸が壊れてしまうと怖いですね。。。それは困ります。

メガリ250rの場合、私はサイドスタンドを立てた状態で、おそらくなのですが、およそ10ミリ〜15ミリの間くらいになっていると思います。

以前に所有していたオートバイは25ミリくらいだったので、横から見るとややたるみ気味でした。当時はよくわかりませんでしたが、基本的にはサスが沈むとチェーンが張るのですね。

じつは...以下が正しいのかどうか定かではありませんが(('ω';))プルプル...

販売店でメガリ250rはサスが沈むとチェーンが緩むと知らされておりまして、私はてっきりどのバイクも同じだと思っておりました。。。

追記に写真をUPしておきますね。

市原のあき さんのコメント...

これが分かりやすいかと。

http://www3.ocn.ne.jp/~nakazrt/chain.htm

メガリはリンク先の図3だったんですね。
お騒がせしました。
m(_._)m

西山武志 (TAKESHI NISHIYAMA) さんのコメント...

市原のあき さま

こんばんは
チェーン調整というのは奥が深いものなのですね。
張り過ぎても、たるみ過ぎても危険度が高くなるというのは今まで考えたことがありませんでした。

すごく勉強になりました(^ω^)
ありがとうございます!