2014年7月27日

第8回メガリツーリングのお知らせ


先日のこと。

関西メガリのリーダー「けんちゃん」から第8回目のメガリツーリングのご案内が届きました。

いよいよ夏本番を迎え、日々の気温上昇に体も衰弱されていませんか? 

そこで今年の涼を求めてメガリツーリングとして、兵庫県にある『流しそうめん』を頂きに向かいます」。

秋となってしまいましたので、開館25周年となる愛知県の『トヨタ博物館』で車の見学となります。

開催は8月10日 →台風接近のため8月17日に延期→天候不良のため9月7日に再延期→天候不良のため10月12日に再々延期→台風19号接近のため10月19日に再々再延期となります。

ということでw(・ω・)w

もしも、メガリに乗られているユーザーさんでツーリングに参加してみたい!!

と思ってしまったらこちら「art_tn1@yahoo.co.jp」までお気軽にお問い合わせくださいませ。集合場所と時間をお伝えさせていただきます。

安全運転を心がける楽しいメガリツーリングですので、夏の思い出づくりにピッタリだと思われます。

美しい風景と美味しいグルメの旅を一緒に楽しみましょう☆









おまけ

 しばらく前に和歌山の山中を駆け抜けて来ましたw

軽量ボディと元気バリバリの単気筒エンジンが相変わらず楽しいメガリ250r。

かつて、オートバイのエンジンたるものは4気筒である。

。。。だった私ですが、本当の意味でマシンを操ることの面白さを教えてくれたのは、単気筒エンジンのレディだったりします。高性能マシンに乗っていた頃よりも運転技術が上達しているような。。。なんとなくそんな気もしております。

現状、各メーカーの現行250ccクラスのエンジンは単気筒や2気筒ばかりですが、販売先の主要国がアジア地域であることや環境問題を意識せざるえない実情を考えれば、そのおこぼれであっても日本国内で250ccクラスのラインナップがどんどん増えていることは有り難いことかもしれませんね。

全体的にはデザインも徐々に進化しているから、前向きにオートバイに興味を持ってくれる新しいライダーが増えてくる気がします。

そもそも、バイク乗りとは何も言わずにただ走ることが好きな人の集まりだったりします。思う感情のまま、シンプリシティに行動できることがライダーの証。

乗りたくなったらカブに乗っていても楽しいと感じることができる不思議な生き物なのです(笑)


0 件のコメント: