2015年3月6日

猛獣ライダー


ホンダ、スーパーカブ。




もといスーパーカブ90(たぶん)。




カブといえば新聞配達からちょっとしたオフロードまで、ある意味で最も強くてタフな車体。個人的にはハヤ◯サ等と並ぶ世界最強のオートバイと言っても差し支えないと思われます。

見た目も音も可愛い上に最先端技術にも勝る恐怖の耐久性、走っても走っても減らない魔法の高燃費はツーリングバイクとして考えるならば神(バイクの)にも等しいとさえ言えるでしょう。

どこまでも走りたくなる。どこまでも走れる唯一の存在かもしれません。




オートバイはカブに始まりカブに終わる。



カブを目にしていると、なんとなくそんなふうに思ってしまいました。



そしてじつは。

そのカブのオーナーであるO君が遠方からNHK和歌山放送局で開催中の「らくらく写真教室」の写真展を見に来てくれました。

ちなみに彼は元メガリスト。

今は大型バイクやカブ等々、様々なバイクや車を楽しんでいる若者です。

かつて。

夢であったり、趣味であったりした乗り物が時代の流れとともに「エコ」へとシフトした瞬間から、経済性の名の下に快適な移動の手段として本来あるべき姿へと戻ってしまいました。
イケイケのバブル経済以降は、社会全体の流れとして趣味性よりも利便性を求める合理的な流れが主流です。

しかしそんな中。

O君はおじさん好みの古いスーパースポーツという今時の主流とは少し異なる乗り物を楽しみながら、現代の若者の価値観ではなかなか得られない貴重な経験を積んでいるようです。古いバイクに乗っていると知らず知らずのうちに年上のライダーと出会う機会も増えるので、そういったものもO君を育んでいるのかもしれません。

年齢は若いのですが、数年前よりも大人びた印象を受けました。

仕事もまじめな彼ですが、プライベートはチャレンジングで自由。ちょっと無茶な部分もありますがその生き様はカッコイイと思います。

ちなみにO君は。

明日から友人達と東京ツーリングをするそうです。
もちろんカブでw

本当にすごい。。。

気をつけていって来て下さい(^ω^)ノ♪







ちなみにちなみに。

CUB(カブ)とは英語で熊など猛獣の子供を意味する「cub」に由来し、小排気量ながらパワフルなことをアピールした(Wikipediaより引用)。

とのことです。












おまけ

 近ごろはホンダ関係多いです...

今日は車検やリコールでセイバーはお預け。

代車のN-WGNという軽自動車に乗りました。

凄いね。

今時の軽自動車は...(・ω・)

趣味性はありませんが、静粛性に乗り心地、滑らかなエンジンとトルク、etc...

軽自動車を運転するのはたぶん10年ぶりくらいだと思うのですが、道具としては本当によく出来ていると思いました。小さいので駐車場にも入れやすい。

とくに、荒れた路面でも上手にいなす乗り心地に驚きです。



2 件のコメント:

O君 さんのコメント...

どうも、元メガリストのO君です笑
今日はおじゃまさせていただきありがとうございました。
写真のこと、バイクのこと、人生のこと
色んなお話ができてとても新鮮でした。

メガリから始まった僕のバイク人生ですが、けんちゃんさん、西山さんをはじめたくさんの方に出会い、お世話になり、たくさんの素敵な経験をさせていただきました。
昨年手放してしまいましたがメガリが僕の初めてのバイクで本当に良かったと思っています。
これからも時代に逆行しながら時には並走しながら己の道を突き進んでいきますw
まだまだ話し足りないのでまた遊びに行かせてください笑

ではでは東京楽しんできます\(^o^)/

西山武志 (TAKESHI NISHIYAMA) さんのコメント...

O さま

昨日は写真展に来てくれてありがとうございました。
こちらこそ、心のこもったお話を聞けて勉強になりましたし楽しかったです。メガリ話も(^ω^)w

写真やバイクを通じて知り合った人たちと仲良くなっていくうちに様々な共通点がめばえてくるので面白いですね。一人でいるよりも視野がどんどん広がる感じがします。そして美しい思い出もいっぱいできます。

また東京ツーリングのお話も楽しみにしておりますね。
安全運転で楽しんできてください!!