2015年7月26日

KOSOの電圧計


結構しばらく前のこと。

レディ(メガリ250r)は月に1~2回程度の乗車(短距離が多め)ですので、慢性的にバッテリー上がりを起こしがち。。。


たとえ空が暗くなっても

いざ乗ろうg(・ω・)!!

と思いはするものの。


レディにキーを差し→スイッチON→HIDヘッドライトが点灯しない(この辺が目安ですw)→セルスタート。。。できない(笑)

もはや幾度となく、バッテリーの電圧不足によってエンジンの始動に至らず、発進することがままならない事態を経験いたしております。。。

正直もう慣れっこですが、レザースーツをフル装備した状態で発進できずにメガリハウスへと引き返すのは我ながら少し空しいものがあります。

ということで。

今回はバッテリー上がり対策の一環として電圧計を装着してみました。何故ならば、電圧計があればバッテリーの充電状態を大凡知ることができるからです。

電圧計の製品選びについては、デイトナさん等の国内メーカーでも良かったのですが、以前にメロディ(ホンダNS-1)に取り付けました水温計「スーパースリムスタイルメーター」(詳しい記事はこちら)と同じKOSO(コーソー)製にしました。

以前の記事にもありますように上記の水温計はコンパクトかつ安価ではありましたが、実際に使用してみると視認性には難点がありました。実は上記の製品と同じ形状の電圧計もあるのですが、過去のそういった問題から今回は視認性が高そうな同社のバックライト付の製品をチョイスです。


KOSO  Mini3メーター(気温/電圧/時計)
とありますように。


外気温と電圧、さらに時刻表示の3機能を有しております。電圧が指定の数値よりも低下すると警告として点滅する機能もありました。

早速、アクセサリー電源からバイパスして取り付けてみましたところ(設置は比較的簡単ですので省きますね)なかなか良い製品だと感じました。

シンプルなデザイン、コンパクトで表示も大きい、しかも暗い所でもバックライト付だから安心。質感もよくて安価。良く出来ております。





そして何より、天気のよい日中でも。。。






見える〜んヽ(*´v`*)ノこれ大事です♪





ただし、注意点として防水性は「?」ですので隙間等にシーリング作業を施すか、できるだけ水に濡れない場所へ設置する必要があると思いました。



ちなみに。

HID(ヘッドライト)を点灯できないようにした状態で満充電のときに示す電圧の値は12.3v前後でした(もしかしたらバッテリーから直接とると数字は変化するかも)。

HIDを点灯させるとおよそ2ボルト程低下すると思われます。

仮に10.3vとしますと。。。

セルスタートでエンジンを始動させるにあたり、HIDはやや負担になっているのではないかと思ってしまいました。とくにバッテリー残量が少ないときには厳しそうですね。

でも、「バイクは昼間もライトオン」が原則ですので、こればかりは仕方がありません。。。





そして、せっかくですので。

テストを兼ねておためしツーリング。

 拡大できます

ナビがあるにも関わらず何故かひたすら道に迷い。。。気がつけばこんなに美しい景色を発見。。。


どうやら、奈良まで来ていたようです。。。


石橋を渡ってみたかったのですが(・ω・)!!


増水のために遠慮しました。

キャラ的に「どぼん」の可能性がありますので。。。(笑)


ちょっと電圧計をテストするつもりでしたが、気ままに走るツーリング。

これもまたバイク乗りならではの楽しい一日なでした(^ ω ^ )♪



関連記事
KOSOの水温計
















おまけ



じつは、電圧計と同時に充電器(上)を調達しました。


充電器に付属している車両ケーブル(ソケット)をレディにセットすれば。。。

HID、ETC、ナビ、USB電源等々。配線だらけになっていたので、このあと整理しました。


今後はタンクを外さなくても簡単に充電できるようになります。

車両側のソケットと充電器のソケットを接続してコンセントに差すだけで、あとは全自動で充電が完了。

最初からこれを使えば良かったと、今更ながら後悔しております。

車両側のソケットだけを別途調達すれば複数台でも使用できますょ(・ω・*)

あまりバイクに乗れない方には超おすすめです。。。


0 件のコメント: