2015年9月26日

メガリのオイル交換(DIY編)

 とりあえずモチュール。

しばらく前のこと。

少し涼しくなりましたので、レディ(メガリ250r)のオイル交換をいたしました。

いつもなら販売店にて交換作業をお願いするのですが、今回は大阪まで出向く時間がとれない関係もあって、初めてのDIY交換となります。

前回のオイル交換は今年の1月初旬でしたので8ヶ月ほど経過しておりますが、走行距離は少なめでした。もしかしたら1,000㎞位かなといった感じ。

交換するにはちょっともったいない気もしますが、乗らなくても時間とともに劣化してしまうようなお話もありますので(実際はどうなんでしょう?)新しいものに交換です!

ちなみに説明書によると、メガリ250rのオイル交換は2,000㎞または1年が推奨されています。


DIYでレディのオイル交換を施すのは初めて。

少し緊張(・ω・;)ドキドキ...

両サイドのアンダーカウルを外して3分ほど暖気。

暖気後少し時間を置きまして(※高温のエキゾーストパイプがありますから要注意です)火傷防止に手袋をはめて作業します。

まずはエンジン右側のオイルフィルターを抜きとりました(フタを開けたら先の細いペンチで摘みながら引っこ抜けます)。

外したオイルフィルターを点検すると、走行距離が少なかったせいか(フィルター交換後3,000キロ程度だと思われます)実際に目で見ると綺麗でした(もう一回分は使えたかも)。

次にエンジン右側の「オイルストレーナー」らしき点検蓋を緩めて外します。もちろんオイルストレーナーは洗浄のためにペンチで引っこ抜きます。

ちなみに、本来はエンジンの底にあるドレンボルトからオイルを抜くものと思われますが、メガリ250rは排気管がドレンボルトの直下にあるため、下手をすると排気管を外す作業が必要となってしまいます。

これはすごく面倒です。。。

ですので、エンジンの左右にあるオイルストレーナーらしきものの点検蓋を開封し、仕方なく、そこから抜き取る流れです(販売店でも行われておりました)。

蓋を外すときはラチェットレンチを使いますが、固いときにはゴムハンマーで優しく叩きながら緩めます。













が。










緩みませんでした。










コンコン..."t(´- ω -`;)レディさん...頑固ね。








まぁ、これもあちこちで耳にするメガリ「あるある」の一つだと思われます(笑)

友人のobiobiさんによると、インパクトでも緩まなかったそうな。。。









ということで。







諦めずにもう一度チャレンジ。







しっかりとソケットをはめ、ゴムハンマーで少しだけ強く叩きます。







優しく。。。








「コンコン...」







優しく。。。







「コンコンコン...」






優しく。。。






「ゴンゴンゴン...」





. . . . . . . . . . .






...(´・ω・`)





やっぱり。









強く。








「ガコンッ!!!!」





v(*´ω`*)開きました♪









※マネしないでね。





 かなり綺麗...

続いて、エンジン左側のオイルストレーナーらしき点検蓋も同じ要領で外します。

すると勢い良くオイルが排出されました。

汚れは少なく、明るいワイン色。

まだ透明感たっぷり。。。


 ストレーナー(細い長いパーツ)と各部の蓋。

正しくはそれぞれの蓋にあるゴム製のOリングを交換するべきなのでしょうけれど、たぶん誰も交換していないでしょうね(笑)

交換したい場合はアストロなどのOリングセットでも代用できるのでしょうか...?


一見して綺麗なストレーナーですが、パーツクリーナーで洗浄しながらよく調べると網に金属片が絡まっておりました。


拡大すると...(・ω・`)巻貝?

最近のものか昔のものかわかりませんが、ストレーナーは役割を果たしてくれております。


このあと、ストレーナー(左右)、オイルフィルター(販売店から宅急便で取り寄せ。とりあえず1本のみ入手できました)を取り付けて各部の蓋を閉じます。


最後は新しいオイルを注いで油面をチェック。

説明書を見ると3分ほどエンジンを暖気させてからから再チェック。

足りない場合はさらに注いで再々チェック。

念のために暖気して、しばらく時間をおいて再再々チェック。


どうしてこんなに何度も確認するのかというとアッパとロアの中間に合わせようとしても適正レベルを表示する範囲が少しシビアで車体の角度が少し変わると振り切ってしまいます。

国産のバイクではこんなに苦労した覚えはないのですが...どうも簡単にはいきませんでした。

でも自分で整備するのは楽しかったですよヽ(*´v`*)ノお守りにゾイルエコも入れておきました♪



※注 意
作業が苦手な方や販売店が近くにある方はバイク店で依頼することをおすすめいたします(費用的にもさほど変わりません)。作業中に火傷したり、擦り傷を負ってしまうこともあるかもしれませんので。。。












おまけ

ちなみに、基準値よりも多く入ってしまった場合はブレーキフルードのエア抜きなどで使うシリンジに細い管を付けて余分な量を抜き取ります(したw)。

油量は少ないと論外ですが、多いのもよろしくないですので。。。


4 件のコメント:

ゴエモン さんのコメント...

こんにちは

フォトレッスンありがとうございました。
お喋り込みでとっても楽しい時間を過ごせました。

これからもたくさん教えてくださいね。

Ladyさんのブレーキの心配がなくなることを、心からお祈り申し上げます。😊

けんちゃん さんのコメント...

ちょっと気になったのでお伝えするね、ラチェットレンチで負荷のかかる事をしたらダメだよ。どんなラチェットレンチか知らないけれど使用したことある方なら分かって頂けると思うけど、ギアを使用してトルクを掛けてるんだよね。標準的な40ギアでも力の掛け具合によってはギア欠けしてしまい、使用できなくなってしまう。因みに私のは72ギアなのでもっと繊細なので、壊れやすい。出来れば負荷がかかりそうな場合は『スピンナーハンドル』を使用して欲しい。工具は決して安いものではないし、大切に永く使用して頂きたいと思う。大切な愛車を触るための道具なので、愛車以上に気配っても良いと常に思っているよ^^v

西山武志 (TAKESHI NISHIYAMA) さんのコメント...

ゴエモン さま

こんばんは_(・ω・)_
先日はレッスンお疲れ様でした。

単焦点レンズを使いこなすには少しコツが必要ですが、指導にて拝見しましたところ上達はお早いと思いますのでコツコツと頑張ってくださいませ♪

メガリのブレーキ問題もようやく解決に向けて前進してきました。メガリ250r用のブレーキパッドを繰り上げ開発してくれているベスラさんに期待したいと思います。ご心配頂きましてありがとうございます。

アドバイス頂きました脚の筋トレも頑張ってみますね(笑)

西山武志 (TAKESHI NISHIYAMA) さんのコメント...

けんちゃん さま

こんばんはm(・ω・)m
ラチェットレンチはKTC製(ギア数不明)のものですが、かれこれ20年以上使用しているものです。
年数の割にはまだ綺麗な状態を保っておりますが、そろそろベテラン選手なのかもしれませんw
負荷がかかりそうなときはスピナーハンドルを使えばよいのですね。次回から気をつけて使いたいと思います!