2016年2月26日

NS-1とマウントステー

少し前より、出張諸々と風邪引きでフラフラといたしております。

平熱が35度位というのもありまして、体温が38度を超えてしまうと結構しんどいですね(( ;* д *))咳コン...コン...

喉痛 →(寒気と頭痛)→ 発熱 →(喉痛・咳・鼻水)→ 咳 → 咳 → 咳と発熱→今ここ。

みたいな感じです(笑)

今回は体力が消耗しておりますので、以前に書きかけていたブログ記事が数十件ほどありますので、そこから拝借したいと思います。。。




昨年のこと。

メロディ(ホンダ NS-1)にナビゲーションを搭載するためにマウントアームを取り付けました。

利用してみたのはETC用のマウントとして定番?のタナックス『MOTOFIZZ ETCハンドルマウントステー /ブラック MF-4678』です。他にもクロームメッキが美しいMF-4679もございます。


組み立ては簡単ですので割合いたしますが、以前にレディ(メガリ250r)にナビを搭載した時と同じように(こちら)や(こちら)面ファスナーを利用してナビをマウントしております。

タナックス製のマウントアームはバイク用品店でもよく見かけるアイテムですが、定番品だけあって質感が高くて強固な作り。

その上とってもコンパクトo(・ω・)o

車体が小さくコクピットまわりのスペースに余裕のないメロディには小さくて細身のマウントアームが向いております。

ちなみに使用したナビは、当初レディにて使用していた『ソニー(ナブ・ユー)NV-U37』。

デザイン、防水仕様、長時間駆動バッテリー、3.5インチと小さな液晶サイズながら屋外でも視認性に優れた半透過型液晶と小気味よいレスポンス等、本当に優れたナビゲーションシステムでした。

しかし「ナブ・ユー」シリーズは生産終了。

もったいないですが、スマホやタブレットでもナビゲートできる時代ですから仕方ありません。もはやそれらも安価です。

 メーター類の視認は阻害しません。

ということで。

サポートも終了しておりますが、メロディは遠出をいたしませんしiPhoneもありますので密かに保管されていたNV-U37に復帰をお願いいたしました。


半透過型液晶。

この視認性は本当に素晴らしいと思います。


角度を調整するとアッパーカウル内に収まりました。

外からはナビが見えずスタイリッシュです。







これ。







( * ´ ー `)g大事ですね♪





関連記事


2 件のコメント:

ゴエモン さんのコメント...

こんばんは


カウル内に収まる。

それ

大事です。

ナイスなお顔はとっても大事です。笑

体調イマイチのようですが、無理せずにお大事になさってくださいね😊

西山武志 (TAKESHI NISHIYAMA) さんのコメント...

ゴエモン さま

こんばんは
オートバイにデバイスを搭載する場合はマシンのデザインをできるだけ損ねないように気を使うところです。

将来的にスマートヘルメットの一般化が進めば嬉しいのですが、法的な問題も含めてどうなるのか気になるところですね。

おかげさまで風邪は徐々に回復中です。インフルエンザではなかったのが不幸中の幸いでしたf(・ω・;)